人材紹介と協同求人メディア採用との違い|インド人エンジニア採用FAQ

人材の採用方法には大きく分けて自社から探しにいく方法と待ち受ける方法の2種類があります。

採用には自分から人材を探しにいく方法と待ち受ける方法の2種類がある。

それぞれに長所と短所のある方法のため、一概にどちらがよいとは言えません。そのため、長所と短所を理解し、自社の採用戦略との整合性のあった採用方法を選択することが大切になります。

自社から探しに行く方法

自社から探しにいく方法の良いところは、スピードです。自社から主体的に人材を捜索するため、労働者市場(レイバーマーケット)に対して主体的なアプローチが可能になります。

反面、短所としては自社が行動を行うため、行動を行うコストが発生します。

いわゆる人材紹介という方法の場合、この人材捜索のパートをエージェントとよばれる人に依頼する方法と言えます。

人材の側索担当者は社内でも社外でもどちらでも可能ですが、いずれにせよ、人材捜索に伴ってのコストが発生します。

一般的に人材エージェントに依頼する場合、雇用者の年収の30~35%程度が相場です。着手金が必要なケースもありますが、基本的には成果報酬のパターンが多いです。

待受ける方法【協同求人スキーム】

待受ける方法の良いところは、費用の安さです。自社から積極的には人材を捜索しないため、捜索を担当する人間の人件費が発生しません。

反面、自社から積極的に捜索を行わないため、いつ応募が入るかは全くコントロールができません。

どちらの方法にも長所と短所があるため、自社の採用戦略に適合した方法を選択することが重要です。

弊社作成の協同求人サイト https://sae-japan.com/jobs/

狩猟採用と農耕採用

人材紹介と待ち受け採用には、それぞれ費用とスピードといった視点での長所と短所が存在します。そして、もう一つの違いが狩猟(ハンティング)か農耕(ファーミング)かということです。

人材紹介は別名ヘッドハンティングなどとも呼ばれるため、狩猟型の採用方法です。

現地法人のトップや事業部長クラスのポジションなど、社風とスキルの両方に高度にマッチングする人材を採用するためには、ハンティング型の採用方式が有効です。

反対に、待ち受け型の採用は農耕型の採用です。自社の採用訴求力や求人オウンドメディアをじっくりと育てることが必要です。

農耕型の採用を行うためには、企業のブランド・採用訴求力を育てることが重要

種から育てるか、苗から育てるか、は会社によって異なりますが、社風とスキルへのマッチ度の要求水準がそれほど高くない場合や従業員に対して会社側が変化することができる、という場合には非常に有効なスキームです。

インドエンジニアの採用を農耕型で行うには

インドやパキスタン、バングラディシュからのエンジニア採用を待受け型(農耕型)で行う場合、企業にとって重要なことは、自社の採用訴求力向上や採用オウンドメディアの育成を行う必要があります。

一度農地を開墾してしまえば、永続的に農業ができるように、農耕型の採用は永続性という点で大きなアドバンテージがあります。しかし、採用訴求力の向上には自社のブランディング向上が必要であり、それは開墾と同じく一朝一夕には目がでません。

農耕型のメリットは一度開墾すれば、永続性ある採用が行えること。

それを少しでも早めるために必要なことは、協同で行える部分は協同で行うことです。

インド、パキスタン、バングラディシュからエンジニアを招聘する場合、個別の会社への就労の前に、まずは日本での就労を選択肢に入れてもらう必要があります。

そのため、特定の会社への就労の前段階としての日本での就労への訴求という点は協同で行うことが可能です。

こういった視点から、弊社の協同求人サイトはまずは日本での就労訴求を目的にした思想で設計されております。

重要なのは比較検討と網羅性

サーチエンジン的な視点で考察すると、採用訴求力を上げるために重要なのはユーザーが比較検討できる網羅性です。

例えば飲食の場合、料理名で検索をすると特定のお店ではなく、比較サイトが上位に来ます。これは、最終的な判断はユーザーが行うものであるという本質をついた判断であると言えます。

東京・しゃぶしゃぶで検索すると、特定のお店ではなくカタログサイトが上位に来る。

超大企業でない限り、網羅的なカタログサイトを自前で作成することはできません。こうした意味でも掲載料で儲けない協同サイトの作成・活用は非常に有効であると言えます。

手前味噌ではありますが、もしご興味がございましたら、是非弊社の協同求人サイトをご活用をご検討ください。

株式会社南アジアエンジニアでは、インド、パキスタン、バングラディシュといった南アジアの英語公用語国からのエンジニア招聘を少ない費用で実現するため、各種の取り組みを実施しております。

どのような小さなことでも構いません。何かございましたら、是非お問合せくださいませ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です