弊社では【人材の活躍を以て企業の成長にコミットする】というスキームを実現していくため、以下のスキームにて工程を進めてまいります。

従来のヘッドハンティング系人材サービスは雇用契約締結に対しての対価のため、早期退職なのどリスクは原則的に雇用主が持ちます。そのため、人材が早期退職した場合、その費用はそのまま雇用主側の損失となります。このため、従来のヘッドハンティング系人材サービスは【人材の活躍を以て企業の成長にコミットする】というスキームを非常に組み辛くありました。

そのため、弊社では下記工程にて、人材合流によるクライアントの永続的発展にコミットしてまいります。

採用・定着までのフロー

案件のアナウンス(12万円)

頂きました求人案件を弊社の求人サイトなどを利用してアナウンスいたします。原則、永続的に記載がされます。

一般的な人材ビジネスの場合、外国からの招聘などの場合は高額な着手金が発生する場合もありますが弊社ではメディア作成(と運用)に費やした実費分で行わせていただいております。

面接・雇用契約締結(非実施)

一般的な人材紹介では、目利き代行として、このパートがアウトソースされます。社長やマネージャーにとっては候補者のスキルチェックや、自社の理念に合うかどうかは容易に可能ですが、外部の人間が行うことは非常に困難です。

人材ビジネスでも、ビジネスでは通常、業務の困難さに応じて費用が決まります。そのため候補者との面接を外部に委託することは非常にコスト高になります。

弊社では、最も安価で、費用対効果の高い採用スキームをご提案させていただくため、こちらのシーンの貴社での実施をお願いしております。

プレサポート(10万円)

雇用契約締結から来日までのサポートを実施します。来日後のスムーズな合流に向けてのスケジュール確認や住居などの生活インフラの準備、ビザ取得のための大使館対応指示などを行います。

イニシャルサポート(20万円)

来日から最初の1ヶ月間のサポートです。家電・家具・食品・消耗品などの生活必需品の購入方法や住民票などの役所対応、銀行口座の開設、携帯電話・ネット環境の整備など、生活者として必要な事項を対応いたします。

ランニングサポート(10万円)

ゴミすて等の居住マナー、体調不良などでの病院対応、宅配便の授受、公共料金の支払い、など日常生活で発生する突発的なトラブルとメンテナンスを対応いたします。

よくあるご質問

Q:日本国内採用の方が安いのでは?

日本国内採用の場合は、基本的に日本語話者の人材プールからの捜索となります。世界的に見た場合、日本語というスキルは世界の1~2%しか所有していない非常にレアリティの高いスキルであり、非常に高価なスキルであると言えます。


同様に高いスキルを持った日本人エンジニアが海外に行く場合、日本語スキルを活用することで飛躍的に収入が増えるケースもある。

例えば、日本語を使って仕事をする場合、何らかのテクニカルなスキルが無かったとしても雇用主は年収ベースで300万円程度が必要になります。しかし、一流のエンジニアが集まる現場では、エンジニアとしての共通言語があるため、ビジネス上では日本語はあまり重要ではありません。日本語というエンジニアリングにとって重要度が低いプレミアムなスキルの費用を節約できる分、コスト的に優位と言えます。